サルゴリラ赤羽の事故はいつ?顔面血だらけ記憶喪失が衝撃だった!

2023年10月21日に『キングオブコント2023』で優勝したサルゴリラ。

44歳の最年長優勝が話題ですが、サルゴリラの赤羽健壱さんは、事故でICUに入院したことがあるのです。

この記事では『キングオブコント優勝は事故のおかげ』と明かす、サルゴリラ赤羽の事故についてまとめてみました。

目次

サルゴリラ赤羽の事故はいつ?

サルゴリラ

向かって右がサルゴリラの赤羽健壱さん。

サルゴリラ赤羽が事故にあったのは2019年5月

事故に遭ってから約1ヶ月後の6月12日にSNSで、現状を報告したサルゴリラ赤羽

その投稿がこちらです↓

命に別状なく、自宅療養していることを報告していています。

事故当時の様子はどうだったのか、見ていきましょう。

サルゴリラ赤羽の事故の状況は?

サルゴリラ赤羽は、バイク走行中に横から車に追突された

命に別状はなかったようですが、運び込まれた時はどのような状態だったのでしょうか?

後に、サルゴリラ赤羽は事故当時を振り返ってこう語っています。

一般道にクジラが来た。黒いデッカいのが来たというイメージは残っている

サルゴリラ赤羽が「一瞬で跳ね飛ばされた」ことがわかるコメントですね。

サルゴリラ赤羽は事故で顔面血だらけ!記憶喪失だった!

赤羽健壱さん

サルゴリラ赤羽は事故当時の記憶がなく、ICUに入院したと明かしています。

その時の状態はこちらです。

・救急搬送されたときは、顔が血だらけ
・事故のときの記憶なし
・肋骨7本折る重傷
・赤ちゃん言葉を話していた

救急搬送されたときの記憶がないことや、赤ちゃん言葉を話している状況を見ると脳へのダメージも考えられますよね。

事故当時を振り返ったインタビューで、

事故当時を振り返ったインタビューで、サルゴリラ赤羽が

入院初日に鏡で自分の顔を見たら血だらけだった

と、話しているので意識はしっかりしていたようです。

さらに、肋骨7本折ったことで両手を挙げることができなくなったサルゴリラ赤羽。

サルゴリラは、2019年に両手を挙げるコントネタを作って優勝を狙っていた

サルゴリラ赤羽はリハビリに励んだそうです。

サルゴリラ赤羽が事故に合ってから、1ヶ月後にSNS投稿しているのは、奇跡の回復なのかもしれません。

バイクに同乗者はいた?

サルゴリラ赤羽さん

サルゴリラ赤羽が事故にあった時に、女性が同乗していたことがわかっています。

同乗していた女性は意識があったという情報があり、事故の対応をしたのでしょうか?

事故の瞬間の記憶が飛んだサルゴリラ赤羽が気づいた時は、救急車の中。

介抱してくれた人に向けて『ここはどこでちゅか?』と赤ちゃん言葉で聞いたという話もあるので、同乗していた女性だった可能性は高いでしょう。

サルゴリラは事故があったから優勝できた?

サルゴリラ

・事故ったことでお金がもらえた
・ネタ作りも事故ったことで、良い方向に向かった

下積みが長く、金銭的にも大変だったサルゴリラ。

赤羽の相方、児玉智洋は結婚して子供もいるので、お笑いを続けるか選択を迫られていたのでしょう。

事故によって賠償金など、多額のお金が入ったことでお笑いを続けることができたんですね。

幸いサルゴリラ赤羽に大きな後遺症なく、活動再開できていたことで優勝に繋がったということのようです。

まとめ

キングオブコント2023で優勝したサルゴリラの赤羽が2019年に、事故で入院していたことがわかりました。

一時期はICUに入院し、事故の記憶もなかったサルゴリラ赤羽。

現在は後遺症もなく、事故に遭ったことで状況が好転したと話すサルゴリラ赤羽。

これからのサルゴリラの活躍に期待ですね。

ISE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次