生田大和の大学は慶應義塾大学!学部は法学部!学生時代にバレエ経験も!

宝塚歌劇団の演出家の生田大和(いくた ひろかず)さんが、元トップ娘役の真彩希帆(まあや きほ)さんと結婚したことを発表しました。

演出家として評価の高い生田大和さんが、結婚したことに驚いた宝塚ファンも少なくないでしょう。

この記事では、あまり知られていない生田大和さんの学歴について調査していきたいと思います。

目次

生田大和の大学は慶應義塾大学!

生田大和さん

生田大和さんの出身大学:慶應義塾大学法学部政治学科

2019年には大阪慶應倶楽部の集いに『演出家』として招かれ登壇しています。

稽古中のお忙しい中、演出家生田大和氏(平15法)も駆けつけてくださり、演出家ならではの貴重なお話をお伺いでき会員一同大変興味深く聞かせていただきました。

引用元:大阪慶應倶楽部ホームページより

生田大和さんが宝塚歌劇団の演出助手になったのは、2003年です。

実は少年時代から宝塚ファンだったという生田大和さん。

女性なら間違いなくタカラジェンヌを目指していたのでしょう。

お堅いイメージの法学部政治学科から、芸術の世界に飛び込んだ生田大和さんのこれまでの学歴も気になりますね。

生田大和さんの、大学までの学歴を見ていきましょう。

生田大和の学歴は?

生田大和さん

続いて、生田大和さんの高校や中学についても調査していきましょう。

生田大和さんの出身地を知る手掛かりにもなるかもしれません。

高校はどこ?

イメージ画像

生田大和さんの高校は確認できませんでした

生田大和さんは、東京都出身で神奈川県育ちですので、神奈川県の高校の可能性が高いでしょう。

もしかすると神奈川県横浜市にある、慶應義塾高等学校に通っていたことも考えられますね。

中学はどこ?

イメージ画像

生田大和さんの中学校も確認できませんでした

神奈川県の地元の中学校に通っていたんでしょうか?

生田大和はバレエ経験者

生田大和さん

生田大和さんは前述した通り、宝塚歌劇団が好きな少年時代を過ごしています。

宝塚歌劇団に憧れた少年が、どのような過程を辿って演出家になったのか気になるところです。

生田大和さんの経歴を見ていきましょう。

バレエダンサーを目指していた

生田大和さんは宝塚歌劇に憧れてバレエを始めています。

男性は宝塚歌劇の舞台に立つことができないので、プロのバレエダンサーを目指してた生田大和さん。

谷桃子バレエ団に所属していた!

2002年10月26日に新国立劇場で行われたバレエ公演『白鳥の湖』に生田大和さんの名前がありました。

『村の若者』としてバレエの大舞台に立っていたんですね。

バレエダンサーの道が断たれる

イメージ画像

プロのバレエダンサーとして、努力していた生田大和さんですが、怪我でダンサーの夢が絶たれてしまいます。

目指すべき目標がなくなり、塞ぎ込んでいた生田大和さん。

そんな時に母親に勧められたのが『宝塚歌劇団の演出助手の試験』だったそうです。

生田大和さんの入団は2003年

生田大和さんは、2002年10月までバレエの舞台に立っていたことが確認されています。

その後に怪我をして、舞台に立てなくなっていたとしたら、

1年足らずで、宝塚歌劇団の演出助手の道がひらけた

ことになりますよね。

悔しい思いをした結果、憧れの舞台関係の仕事に就くことができるなんて、すごい人生ですね。

まとめ

宝塚歌劇団の演出家の生田大和さんが、元トップ娘役の真彩希帆さんと結婚したことを発表しました。

生田大和さんは慶應義塾大学の法学部に通っていましたが、少年時代から宝塚歌劇に憧れていたようです。

宝塚歌劇への憧れから、一時期はプロバレエダンサーを目指していたこともある生田大和さん。

怪我で、目標を失った生田大和さんに道を開いたのが宝塚歌劇の演出家でした。

人生の伴侶がタカラジェンヌなんて、すごいことですね。

演出家として高い評価を得ている生田大和さんの、今後の活躍に期待ですね。

ISE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次