【TOBE】IMP.は売れる?売れない理由3つ!Jrで人気なかった?

「TOBE」所属のIMP.が8月18日に世界同時配信でデビューしました。

滝沢秀明さんの秘蔵っ子だったIMP.の今後の人気やについて心配の声があります。

IMP.が売れるのか?売れないとしたら理由は何なのか?について調査してみました。

この記事のリンク先に広告が含まれます。

目次

IMP.がデビュー

IMP.の新曲『CRUISIN』の動画再生数は350万回(8月25日時点)

デビュー曲でこれだけの再生数なのは、さすがですね。

9日間の間に5本の動画を投稿し、いずれも40万回以上の再生数でIMP.の人気の高さが証明されています。

元々、ジャニーズJrだったメンバーが全員揃って『TOBE』に移籍した形なので、離れずに応援しているファンが多いのも再生数の多さの理由でしょう。

IMP.が売れるかは、新規ファンの獲得ができるか

世間では、IMP.が売れないのでは?という声もあるんです。

その理由を探っていきましょう。

IMP.が売れないと言われる理由3つ!

ファンにとってはIMP.が売れるかが心配どころでしょう。

テレビ出演やライブでパフォーマンスが見たくて、推し活している人がほとんどです。

世間ではIMP.が売れないんじゃない?という声があったので3つの理由にまとめてみました。

1.Jr時代に人気なかったから
2.中途半端な感じがするから
3.話題になるのは最初だけ

売れない理由①Jr時代に人気なかったから?

IMP.がジャニーズに所属していた頃から、それほど人気のグループでなかった。

そもそも、Jrの頃から他のグループと比べても人気のなかったIMP.なので、売れる感じがしないというのが1つ目の理由です。

IMP.はグループ結成が他のJrと比べると遅く、YouTube配信などのコンテンツがなかったのが人気がなかった大きな理由。

加えて「タキニ」だったので、それをよく思わないアンチがいて、不人気になった経緯もあるようです。

IMP.はJr時代「滝沢歌舞伎」に出演していた。

Jrの頃にファン獲得できなかったIMP.だから、デビューしても売れないのでは?という声が多かったようです。

売れない理由②中途半端な感じがするから?

2つ目の理由は、可愛いアイドル路線じゃなく、ゴリゴリのダンスを前面に出すグループでもなく「売り出しが曖昧」

ボーイズグループはジャニーズ以外でも多くなってきています。

ライバルが増えた分、ハイレベルになってきているのでグループの個性がないと印象に残りにくいでしょう。

IMP.はグループの個性が確立していない、このまま埋もれて売れないのでは?という声がありました。

最近のファンは目や耳が肥えているので、ちょっと歌やダンスがうまいくらいでは満足できないのかもしれません。

売れない理由③話題になるのは最初だけ?

3つ目の「売れない」と言われる理由が、最初の話題性だけで長く続かないのでは?という声。

過去に滝沢秀明さんプロデュースの元で、TravisJapanが世界デビューしています。

TravisJapanのデビューは大きく話題になり、これからを期待する声もたくさん上がっていました。

トラジャは最初のインパクトは強かったけど、その後の活躍は…よね。

IMP.のデビューは二番煎じのように受け取られた印象もあり、売れないのでは?という見方をする人も少なくないようです。

IMP.は売れる!

新曲『CRUISIN』が人気急上昇2位(8月25日時点)になるなど、勢いの止まらないIMP.

TOBEはファミリー感が強く、最近では三宅健さんのYouTubeにIMP.が出演するなど、先輩後輩の垣根が低いのが特徴です。

TOBE所属のアーティストを、ファンが垣根を超えて応援することで、人気を押し上げる効果が期待できるでしょう。

TravisJapanの場合はデビュー後に、滝沢秀明さんがジャニーズを辞めるという衝撃の展開だったので、不運でした。

IMP.は滝沢秀明さんのプロデュースとサポートがしっかり整っているので、売れないはずないでしょう。

これからのIMP.の活躍が楽しみですね。

こちらの記事も読まれています
ISE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次