高橋成美の語学力がすごいのはなぜ?7ヶ国語が話せるのは本当なの?

元フィギュアスケートのペア日本代表としてソチ五輪に出場した高橋成美さん。

最近バラエティ番組への出演が増え、物おじせずに話す様子から国際的に活躍されていたことがわかりますよね。

高橋成美さんの語学力がすごいのは有名な話ですが、なぜ7ヶ国語も話せるようになったのでしょう。

この記事では、高橋成美さんの語学力がすごい理由を調査していきたいと思います。

目次

高橋成美は7ヶ国語が話せる!

2023年11月6日放送『クイズ!あなたは小学5年生よりも賢いの?」に出演した際に
7ヶ国語を披露。

高橋成美さんは

・スペイン語
・中国語
・フランス語
・韓国語
・ロシア語
・日本語

で自己紹介と、番組への意気込みを語っています。

言語間の切り替えがスムーズで、高橋成美さんの語学力の凄さが伺える場面でした。

高橋成美はなぜ語学力がすごいの?

Xより

高橋成美さんの語学力の高さは、家庭の事情にもあるようです。

では、詳しく見ていきましょう。

中国語

高橋成美さんは父親の仕事の都合で中国で暮らしています。

9歳から12歳まで中国で暮らした中で学んだ

5歳でスケート始めた高橋成美さんは、父親が赴任先に悩んでいたときにフィギュアスケートペアだった中国がいい!といったことで、中国に赴任することが決まったとか。

小学生だったにもかかわらず、フィギュアスケートのために中国に移住したいと親に伝えるなんて、目標がはっきりしていたんですね。

高橋成美さんが語学力を身につける最初のきっかけは中国だったようです。

英語

インターナショナルスクールで学んだ

高橋成美さんは、12歳まで中国で暮らした後、帰国し日本のインターナショナルスクールに通っています。

英語教育の環境が整っているインターナショナルスクールで、英語力を磨いた高橋成美さん。

高校に入学してもフィギィアスケートのペア競技が好きで、もっと上達したいと思った高橋成美さん。

渋谷教育学園幕張高校からスケート環境が整っているカナダに移住するために、カナダの高校に編入しています。

インターナショナルスクールで英語力はあったものの、カナダの生活でもっと語学力が鍛えられたことがわかります。

フランス語

練習拠点モントリオールの公用語なので生活のために独学で取得

言語を取得するには「聞く力」が必要です。

特に、学校に通わずに話せるようになるには、日常生活の買い物などの場面で単語を聞き取ることが要求されるでしょう。

高橋成美さんは、聞いて理解する能力に長けているの方なのかもしれませんね。

ロシア後・スペイン語

趣味で勉強

ロシア語とスペイン語は趣味で勉強を始めた高橋成美さん。

すでに、3つの言語をマスターしているので学ぶコツのようなものはできているとはいえ、すごいことですよね。

現在、日本オリンピック委員会理事を務める高橋成美さんにとって、何ヶ国語も話せることは武器になるでしょう。

まとめ

高橋成美さんが7ヶ国語をマスターしている理由について探って見ると、幼い頃の生活環境が大きな影響を及ぼしていることがわかりました。

父親の関係で4年間過ごした中国で、最初の外国語に触れたあとは、カナダへの留学やモントリオールに練習拠点を置くなどグローバルに活躍。

高橋成美さんは様々な環境の中で、必要に応じて語学力を磨いていったことがわかりました。

語学への興味は深まり、趣味でロシア語とスペイン語も勉強したというのは驚きですよね。

オリンピック委員会理事として、高橋成美さんのグローバルな活躍を応援していきましょう。

ISE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次