島崎俊郎の嫁は誰?元司会者で馴れ初めはデパート?屋久島移住の真相は?

「オレたちひょうきん族」や「アダモちゃん」で一躍有名になり、人気タレントだった島崎俊郎さん。

1980年代のテレビ界を牽引していたと言っても過言ではないくらい活躍していましたよね。

今回は、島崎俊郎さんの嫁や屋久島に移住した真相について調査して行きましょう。

目次

島崎俊郎の嫁は誰?

Xより

島崎俊郎さんの嫁は元司会業をしていた一般人

島崎俊郎さんの嫁は一般人ということで、名前や年齢、画像などは公開されていません。

1991年に35歳で結婚した島崎俊郎さん。

多忙を極めるタレント活動をしていた頃、島崎俊郎さんが一般人の嫁と出会ったのはどこだったのでしょうか?

嫁との馴れ初めは?

島崎俊郎さんが営業で行った埼玉県のデパートで嫁が司会をしていた

島崎俊郎さんが嫁と出会ったのは1990年で、婚約したのは1991年2月23日です。

1年足らずの交際期間で、結婚に至った島崎俊郎さん。

では、島崎俊朗さんの家族構成はどうなんでしょうか?

嫁との間に子供は?

1993年に長男誕生:30歳(2023年時点)
1996年に次男誕生:27歳(2023

島崎俊郎さんは2人の息子に恵まれ、家族構成は4人。

息子たちが幼い頃から子供の世話をしていたので、2人の息子たちはパパっ子だったという話も。

島崎俊郎と嫁は屋久島移住していた?

島崎俊郎さん

島崎俊郎さんがテレビへの露出が減ったのは、屋久島に移住したことが理由のようです。

屋久島移住のきっかけになったのは、

2003年の日テレ系バラエティ番組『雲と波と少年と』で、
島崎俊郎さん家族に移住してもらい「屋久島便り」というコーナー企画

その当時、長男10歳で次男7歳で、屋久島への移住はかなり嫌がったそう。

それでも、島崎俊郎さんにとって家族離れ離れになる選択肢はなく、家族で決断して移住。

その当時(2003年4月19日)の番組表を見ると、

涙と笑い!島崎家族の屋久島100日滞在記 大自然渓谷カヌーで滝発見
ドラム缶風呂 山頂縄文杉

とあります。

島崎俊郎さんは、家族で屋久島移住生活を体験リポートしていたんですね。

ほどなくして番組制作スタッフの不祥事(飲酒運転・事故)があり、結局「屋久島便り」は一回のみの放送で打ち切りになっています。

その当時のことを島崎俊郎さんは、YouTubeでこう語っています。

都会に染まりきっていた、女房と私はどんどんどんどんブルーになっていた。
こどもは順応性が高いから、すぐに仲良い友達を作って慣れていった。

こどもたちは屋久島の暮らしにすぐに馴染んでいたものの、大人は馴染めず。

田舎の不便さに嫌気がさした島崎俊郎さんは、番組の企画が打ち切りになった後家族で東京に戻っていたようです。

最近の活動は?

地方ロケが中心

島崎俊朗さんのブログをのぞいてみると、移動中の新幹線や地方のホテルの窓からの景色などの写真がアップされています。

日本全国を忙しく飛び回りロケをしていたのでしょう。

まとめ

島崎俊朗さんの嫁について調査すると、元司会業の一般人であることが判明。

出会ってから1年足らずで結婚し、島崎俊朗さんは2人の息子さんの父親。

番組企画で家族で屋久島に移住したことで、テレビへの出演も減少していったようです。

2023年12月6日に都内の自宅で倒れ心不全のため逝去されました。

末筆ながら島崎俊朗さんのご冥福をお祈りいたします。

ISE
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次